浴衣の着付け 浴衣の着方は簡単!

浴衣 着付け・着方(女性)

浴衣の着付けは誰にでもできます

祭りの浴衣の着方の例

浴衣の着付けはとても簡単です。「今年こそゆかたデビューしたいけど、浴衣の着方がかわからない」というあなた。浴衣着付けのクラスなんて行かなくても、ちょっと浴衣の着方を覚えれば自分で着ることができます。

浴衣の着付けを覚えることのメリット

浴衣の着付けは着物の着付けの基本にもなります。覚えて損はありません。それに浴衣の着方を一度覚えていれば、お出かけ途中で浴衣が着崩れてきても安心。こっそり自分で直せるようになります。ここでは最低限の準備で簡単な浴衣の着方を説明したいと思います。

◇ 浴衣と帯は買ったけど、後は何がいるの?

浴衣を着るのに必要なもの

浴衣を着る前に、まず必要なものを準備しておきましょう。「浴衣の着付け基本セット」といって、下着、紐類、伊達帯などが入って3000円ぐらいのものが売られています。ゆかた以外に何も持っていないのなら、それがけっこうお得かもしれません。

浴衣の着付け基本セットを揃えるときのポイント

浴衣の着付け基本セットには安いものから高いものまでいろいろありますが、しょせん下着なのでそれほど投資しなくてもいいでしょう。和装用下着、腰紐2本、コーリンベルト(両方にはさむためのクリップがついたゴムのひも)、伊達締めあたりが入っていれば充分です。

浴衣を着る時には、他にも帯板などいろいろ使えば、確かにきれいに、きっちり着ることができるかもしれませんが、かえってちょっと直したりするときには邪魔になったりします。浴衣の上からあれこれ巻きつけると暑いし、できるだけシンプルにいきましょう。

◇ 浴衣の着付けに用意するもの (最少限)

 ゆかた
  浴衣用帯
  浴衣用下駄(サンダルでも可)
  浴衣用バッグ
  腰紐1本
  コーリンベルト(ワンタッチベルトともいう)
  伊達締め(面テープでくっつくもの)
  浴衣用下着
Copyright© 浴衣の着付け.com All rights reserved.