浴衣の着付け 浴衣の着方は簡単!
浴衣のたたみ方

浴衣のかたづけ(浴衣のたたみ方)

浴衣のたたみかた<図解>

 一般的な浴衣のたたみ方の本だたみです。
シーズンを終えて、浴衣をたんすにしまうときなどは、こうしてたたんでしまいましょう。

1.裾を右、頭のほうを左にして、浴衣をきれいにのばして置きます。
まず手前の脇線に沿って折ります。
2.次におくみ線で外側に折ります。
浴衣の後ろの衿は内側に倒します。
3.上側の衿を下側の衿に重ねます。
身ごろがだぶつくのは気にしないで。
4.下側のおくみに上側のおくみを重ねます。裾のほうから衿の方へ重ねるといいです。
5.上前の脇線を持って、手前に引き寄せ、下前の脇線に重ねる。
ここも裾から重ねるといいです。
ここで、浴衣を全体的にぴったり重なるようにしわなどを伸ばし、整える。
6.上側の袖を、袖付けの位置で、上へ折り返します。
7.浴衣の裾を持ち、衿先のすぐ下を折り線にして身ごろを半分に折り、袖の上に重ねます。
折り目がくしゃくしゃにならないように気をつけて。
8.全体がくずれないように、浴衣をしっかりつかんで、裏返し、残った袖を、かぶせます。
9.この形で浴衣をしまいます。
Copyright© 浴衣の着付け.com All rights reserved.